RSS | ATOM
courier-imapでのアクセス制限
courier-imapを使用していて、IPアドレスによるアクセス制限を行いたくなった。
そこで、/etc/hosts.denyに記述してみたが、courier-imapはhosts.denyで制限を行えないようだ・・
色々と調べていて、何とか制限をかけることができたので、メモ・・
続きを読む >>
author:ino, category:メールサーバ編, 16:28
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Courier-IMAPを設定する
Qpopperを使用し続けていたが、そろそろIMAPも使えるようにしようと思い、Courier-IMAPを使ってみることにした。
Courier-IMAPは、Maildir形式を採用した、高速なIMAPサーバという事で、多くのEメールサービスプロバイダが数十万ものメールアカウントを管理するために使っている・・・らしいが、とりあえず、使えそうなので、使ってみることにする(笑)
Courier-IMAPを使用する際の注意点としては・・・
mbox形式のメールボックス(/var/spool/mail)をサポートしない
Postfixでいうと、ディレクトリベースのメール格納方法「Maildir/」を使用する必要がある・・・

何か面倒なようにも思えるが、Postfixの場合は、main.cfの設定を、
「home_mailbox = Maildir/」
にする事でOKのようだ
(既存のものを変更するのは何か弊害があるかもしれないので、個人責任で・・・)

◎ダウンロードと、インストール
VineLinux3.2だと、apt-get でインストールできる
(Qpopperなどを使用している場合は、削除後に)
# apt-get update
# apt-get install courier-imap
# /sbin/service courier-authlib restart
# /sbin/service courier-imap restart

POP3(SSLなし)
POP3(SSLあり)
IMAP(SSLなし)
IMAP(SSLあり)
が使用可能

※インストールしただけで、SSL対応になので、メールクライアントソフト側をSSL対応で設定すれば利用可能だが、証明書を作成しなければ、メールクライアントソフト警告が出る場合がある。(詳細は後日)
author:ino, category:メールサーバ編, 13:15
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Qpopperについて
メールサーバからユーザがダウンロードする際には、いくつかの方法がありますが、一番簡単な方法がPOP3を使う方法
当方が使っているのは、qpopperというもので、VineLinuxにも簡単にインストールできる。
もし、インストールされているかどうか判らない場合は以下のコマンドで確認できる。
# rpm -q qpopper

インストールされていないのであれば、apt-get でインストール
# apt-get update
# apt-get install qpopper

このままでPOP3で使用可能と思うが、qpopperを使用していて、ハマってしまった事がある・・・
「メールを受信する際にタイムアウトエラーを起こすことがある。特に、アカウント数が増えてきた場合に起き易い」という事

色々と調べてようやく見つけたのは、inetデーモンで動かす場合には、同時アクセスに制限があり、制限を超えた場合は、10分間、アクセス不可になってしまう・・・というような内容だった(デフォルトが幾つなのかまでは調べられなかった)
たぶん、ガチャガチャと送受信ボタンを押す人が居るのだろう・・・
アカウント数が少ないときは問題にもならなかったが、現状、数百のアカウントがあるので、許容量を超えてしまったのだろう・・・

対処方法としては、xinetを使用するとか、tcpserverを使えば良いなど、色々と方法はあるようだが、今回は簡易的に行っておき、後々にじっくりと考えようと思う
で、簡易的な対処(間違っている方法かもしれないが、とりあえず動く(笑))
# vi /etc/inet.conf
pop-3 stream tcp nowait root /usr/sbin/tcpd in.qpopper
↓このように変更
pop-3 stream tcp nowait.300 root /usr/sbin/tcpd in.qpopper

同時アクセスを300までにする・・・そうな(ホントかな?)
とりあえず、様子見で、後日、対処法を検討
author:ino, category:メールサーバ編, 17:05
comments(0), trackbacks(0), pookmark
SPAMメール
SPAMメール(俗にいう迷惑メール)について、そのうち書こうと思っていたが、最近増えているので、触り程度に書こうと思う

SPAMメールは迷惑(受信したくない)と思われるメールを総称しているが、実際に要るか要らないかは、個人の感覚的なものなので、どこで線を引くかは難しい・・・
当方は、勤め先のメールサーバの管理も行っているが、SPAMメール対応の処理もいくつか行っている(実際には、ウィルス対策&SPAMメール対策)

また、SPAMメールの対策をメールサーバ側に持たせるべきかどうかの議論も、どこかしらで聞いたこともある・・・
これは、SPAMメールかどうかの判断は、各ユーザの判断に任せ、メールサーバ管理者は関与するべきではなく、SPAMかどうかの判断をするためには、一旦、内容チェックを行う(もちろんソフトなどを利用するが)必要があるが、その行為が検閲にあたる・・・との見解も存在するし
続きを読む >>
author:ino, category:メールサーバ編, 11:42
comments(0), trackbacks(0), pookmark