RSS | ATOM
F-Secure Linux Securityのインストール
 F-Secure Linux SecurityをCentOS5にインストールする際には以下のものを先にインストールしておく必要がある。

・gcc
・kernel-devel

インストール方法は簡単で、yumを利用する。

# yum install gcc

# yum install kernel-devel

この2つをインストールしたあとに、F-Secure Linux Securityをインストールすれば良い

あとの注意点としては・・
Webインターフェイスでリモート管理を行いたい場合は、F-Secureのインストール前にリモートアクセスするためのアカウントをCentOSで予め作っておく。
F-Secureをインストールし、「fsav-config」を実行した際にはこのアカウントを利用してリモート管理を行うことになる。
author:ino, category:Linux全般, 09:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://linux.d-tecs.com/trackback/1236018