RSS | ATOM
Boot Camp
こんな記事を見つけた
アップル、Boot Campを発表
以前に書いたと思うが、当方、サーバ系はUnixとLinuxを使用していて、管理の為にMacintosh OSXを使用している
管理のためと書くと大げさだが、昔からMacintoshを使用していて、Linuxを使うようになって、OSXのターミナルを使用すればアクセスして管理できるなぁという極めて単純な理由

今回のBoot Campですが、「IntelベースのMacでWindows XPの利用可能になる」ということで、今まではVirtual PCという一種のエミュレータを使用していたものが、起動時にXPかMacかの起動が選択(エミュレータではない、実OSを使用可能)できるらしい
(現在、パブリックベータ版がダウンロードでき、OSX10.5"Leopard"に搭載されるようだ)

Macユーザとしてはどうなんだろう・・・
半分歓迎、半分どうでも良い(笑)という感じではないだろうか
確かにMacとWINが同じマシンで起動できれば良いなぁと考えたことはあるが、両方使いたいときは2台ある方が便利だし・・・(画面半分づつ起動して、ファイル共有できれば便利だが(笑))
家庭にあると便利!という風に、プライベート用と割り切れば、WINのソフトもMacのソフトも使えるので、あったら良いなぁと、思えるか・・・

なんにせよ、機能が減るよりは増える方がいいわけで・・・
Mac1台あれば何でも使えるんだ・・・と、信じ込めればそれも有りだな(笑)
(動く、動かない、使いこなせるか?という方が重要なのだが、人間、機能がいっぱいあるとそれだけで満足する生き物だし(笑))

というより、Intel搭載のMac、早くマトモに動くようにしてくれよ!というのが先だけど(笑)
author:ino, category:番外編, 17:05
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://linux.d-tecs.com/trackback/198136