RSS | ATOM
メールアドレス収集ロボット対策
自分でホームページを作って管理するようになると、どこから調べたのかSPAMメールが届くようになる
(来ないという人は、幸運な人だ(笑))
SPAMが送られて来るメールアドレスはどこから漏れているのだろう・・・と、考えずにはいられない
原因としては、以下のような事が考えられる
◎インターネットで懸賞やアンケートサイトに登録したメールアドレスが流出した
◎掲示板などに書き込みをした際にメールアドレスも書き込んだ
◎メールをやりとりした事のある人のPCがウィルス感染してメールアドレスが流出した
◎名刺などにアドレスを載せている
◎ホームページを運営し、そこにアドレスを表示している
などなど・・・

実はメールアドレスは高い値で取引されているらしい・・・
※住所などの個人情報がついていればかなり高額らしいが、メールアドレスのみでも、実際に現在使用されているメールアドレスのリストというのも高値らしい・・・
DM(SPAM)送るには今使われているメールアドレスに送った方が率が良いし、昔のDMを郵送していた頃に比べると、メアドのリストを買ったとしても元は取れるという理屈らしいが・・・
どんな理由にせよ、SPAMは邪魔以外の何者でもないなぁ・・・

特に腹立たしい方法が、「メールアドレス収集ロボット」
これは何か?というと・・・
ホームページ上に書いてあるメールアドレスを自動的に収集して回るもの
インターネット上にある数限りないホームページに書かれているメールアドレスを収集しまくり、収集した数千、数万のメールアドレスは、取引されたりしているのだから、異様に腹が立つ

この事は、昔から話題に上っていたのだが、今回、面白い実験をしているサイトを見つけた
メールアドレス収集ロボット対策←ここをクリック
簡単に書かれたページだが、収集されないようにする工夫やら、実際に収集される可能性があるかどうかを検証できるページやら、読んでいると面白い
もし、ホームページを管理しているのなら、自分のメールアドレスは大丈夫かチェックしてみるのも良いかもしれない
author:ino, category:Apache, 14:06
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://linux.d-tecs.com/trackback/199356