RSS | ATOM
webminのインストール
VineLinux3.2にはwibminはデフォルトでインストールされてはいない
webminとは、Webブラウザ上から各ソフトの設定を視覚的に設定できる
(説明いまいち・・・要するに、ターミナルなどで直接、コンフィグファイルを変更しないで、視覚的にブラウザを使用して設定変更できるツール)
aptコマンドでもインストールできない・・・
webminはセキュリティに関して色々と言われているようなので、そのせいでデフォルトでインストールされていないのだろうか・・・
ターミナルでコンフィグを変更するのも良いが(一見、デキる人間に見える(爆笑))、視覚的に変更できるのは楽だ・・・
なので、ダウンロード&インストール方法

webminを使用する際に、(セキュリティ向上のため)SSL接続を行うのであればperl-Net_SSLeayが必要
apt-getを利用できるので、インストールは簡単にできる
※perl-Net_SSLeayはwebminをインストールする前にインストールする
#apt-get update
#apt-get install perl-Net_SSLeay

 webmin本家(http://www.webmin.com/)からwebminをダウンロード
以下の方法はwgetを使用する方法
#cd /tmp/(ダウンロード先のフォルダを選択する)
#wget http://heanet.dl.sourceforge.net/sourceforge/webadmin/
webmin-1.240.tar.gz
(※改行しないで、1行で入れる)
#tar zxvf webmin-1.240.tar.gz
#cd webmin-1.240
#./setup.sh


※いくつかの質問されるので、変更する必要が無い場合はそのまま[enter]
Config file directory [/etc/webmin]:[enter]
※設定ファイルなどを置くディレクトリ(通常そのまま)
---
Log file directory [/var/webmin]:[enter]
※ログを置くディレクトリ(通常そのまま)
---
Full path to perl (default /usr/bin/perl):[enter]
※perlのパス(標準でインストールされている場合はそのまま)
---
Web server port (default 10000):[enter]
※webminで使用するポート番号(デフォルトは10000)
---
Login name :ユーザ名入れる
※ログインするユーザ名
---
Login password:パスワードを入れる
※ログインパスワード
---
Use SSL (y/n):y
※SSLを利用するか?(perl-Net_SSLeay必須)
---
Start Webmin at boot time (y/n):y
※PC起動後にwebminも起動させるか?

※インストール開始

インストールが終了したら、一旦PCを再起動する
再起動後に、ブラウザ上より、https://localhost:10000にアクセスする
ログイン名、ログインパスワードを入力すれば、webminの設定画面が開く
author:ino, category:Linux全般, 11:20
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://linux.d-tecs.com/trackback/21619