RSS | ATOM
CRM114をインストールする(1)
SPAMのチェックにSpamAssassinも使用しているが、どうにもくぐり抜けてくるものが増えてきた。
SpamAssassinもそろそろ見直しの時期かなぁと、思い、ネット探索
bogofilterというものを見つけ、とりあえずインストールしてみた
・・・
どうもしっくりこない
悪いというのではなく、自分の使いたい方法といまいち相性が悪い

他にないかなと、再度、ネット探索
How I Leaned to Stop Worrying and Love the Spam [CRM114のインストール]というブログに辿り着く
前々からCRM114というものがあるのは知っていたが、日本語で書かれた情報が少なく、手を出せなかった(^^;;

今回、このサイトを参考にさせてもらってインストールしてみた

このCRM114とは、新型ベイジアン=マルコフモデル搭載SPAMフィルターだそうで、何か良くわからないが、凄いものらしい(爆笑)

?ダウンロード場所
CRM114 - the Controllable Regex Mutilatorからダウンロードしてくる
※VineLinux3.2にインストールしたので、それを元に以下、記載

・「CRM114 "Red Hot Bleeding Edge" Version」と書かれた項目の上から2番目・・・
「Download COMPLETE SOURCE CODE (1200 Kbytes) ( release 20060704a-BlameRobert )」を使用する

◎ダウンロード&インストール
・いつもどおり「root」で作業
# cd root

・wgetでダウンロード
# wget http://crm114.sourceforge.net/crm114-20060704a-BlameRobert.src.tar.gz

・解凍
# tar -zxvf crm114-20060704a-BlameRobert.src.tar.gz

・解凍後のディレクトリに移動
# cd /root/crm114-20060704a-BlameRobert.src

・さらにディレクトリ移動
# cd tre-0.7.4

※このディレクトリで./configureするのだが、エラーになる
(Makefile.inが足りないらしい)

・これで解決(1つ上の階層からMakefile.inをコピー)
#cp tests/Makefile.in agrep/.

・インストールする(今度は問題ないはず)
# ./config
# make
# make install

◎これで終わりではなかった
・階層移動
# cd /root/crm114-20060704a-BlameRobert.src

・インストール再び
# make
# make install

ここまででインストールは終わり
設定ファイルなどをコピー&設定変更の必要がある
(2)に続く
author:ino, category:SPAM, 17:11
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://linux.d-tecs.com/trackback/323834