RSS | ATOM
CRM114をインストールする(2)
「UNSURE(判断つかない)」ものをSPAM or NONSPAM(Goodでも可)と学習させ、数日稼働した感想・・・
中々、速度も速いようだし、きちんと稼働しているように見える
Spamassassinが遅く感じていたし、最近は、誤配信も増えていたし・・・
何かで読んだが、Spamassassinは学習させ過ぎも良くないとか・・・(定かではないが)
なにより、各クライアントでのSPAM学習が容易であるというのが気に入った

稼働はまだ数日なので、何とも言えないところではあるが、あと2~3日使ってみてからこちらに乗換えかな

というわけで、今回は設定
ユーザ名「hoge」としての設定例
◎スクリプト、辞書、設定ファイルを各アカウントのディレクトリにコピーする
※そのままコピーしても良いが、後で判り易いように、ディレクトリを作成
# /home/hoge(ユーザ「hoge」ディレクトリ)
# mkdir .crm114(設定ファイルを入れるディレクトリ作成)
# cd .crm114
# cp /root/crm114-20060704a-BlameRobert.src/mailfilter.crm .
# cp /root/crm114-20060704a-BlameRobert.src/mailfilter.cf .
# cp -R /root/crm114-20060704a-BlameRobert.src/*.mfp .

◎辞書ファイルを作成
# cd /home/hoge/.crm114
# /usr/bin/cssutil -r -b spam.css
# /usr/bin/cssutil -r -b nonspam.css


◎mailfilter.crmの編集
# cd /home/hoge/.crm114
# vi mailfilter.crm

---以下に編集箇所---
(210行目)
match (:m_text:) [:_dw: 0 :*:decision_length:] /.*/
isolate (:m_text:)

isolate (:m_text:) /:*:_dw:/
{
match [:text_preprocessor:] /./
syscall (:*:_dw:) (:m_text:) /:*:text_preprocessor:/
}
match (:m_text:) [:m_text: 0 :*:decision_length:] /.*/

(256行目)
syscall (:*:c:) (:exp_text:) /:*:mime_decoder: /

syscall (:*:c:) (:exp_text:) /:*:mime_decoder: | :*:text_preprocessor: /
---ここまで---

◎mailfilter.cfの編集
# cd /home/hoge/.crm114
# vi mailfilter.cf
以下の行を追加(どこでも良い)
:text_preprocessor: /nkf -em | kakasi -wc/

オリジナルのドキュメントを参考に、mailfilter.cfの中の変数を設定します。
(両脇にある「/」は、必須)
:spw: /DEFAULT_PASSWORD/ → :spw: /パスワード(半角で記入)/
:mime_decoder: /mewdecode/ → :mime_decoder: /インストールされているMIME Decoderプログラム/
ここまでが必須の設定項目です。

◎procmail.rcの修正(既に使用しているものとして)
# cd /home/hoge
# vi .procmailrc

---以下を追加---
:0 fw:crm.lock
| /usr/local/bin/crm -u ~/.crm114/ mailfilter.crm
:0:
* ^X-CRM114-Status: SPAM.*
! 転送先
---ここまで---

◎他のアカウントで使用する場合
・上記のディレクトリ「/home/hoge/.crm114」を、他に使用したいアカウントにコピーすれば、そちらでもそのまま使用可能(パスワードは変更する)
ただし、その場合は、パーミッションの変更をしなければならない
例(horeで使用する場合)---
# cp -R /home/hoge/.crm114 /home/hore/.
# chown -R hore.hore /home/hore/.crm114
# vi /home/hore/.procmailrc
という感じになる・・・

◎学習方法
・SPAMの学習
自分宛にSPAMとしたいメールを転送するが、その際、文頭に
command パスワード spam
というコマンドを付けて送信する
(このコマンド以下を、SPAMの語句と認識するようだ)

・NONSPAMの学習
SPAMの学習と同じように以下のコマンドを付けて自分宛に送信
command パスワード nonspam
または
command パスワード Good

と、簡単に書いたが、当方もまだ使い始めたばかりなので、様子見といったところです。
author:ino, category:SPAM, 11:54
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://linux.d-tecs.com/trackback/323843