RSS | ATOM
VineLinux4.2のCD作成
VineLinux Home PageページでVineLinux4.2が公開されている
ISOイメージをダウンロードして、CDに焼いてインストールするのだが、初めてCDの作成をしたときには、普段ISOを焼いたりしなかったので、ライティングの部分で手間取った記憶が・・・
初心に返って、書き込みしておこう

まず、VineLinuxのホームページで、「ダウンロード」をクリック(今は親切になった)
別画面が開くので、自分が使用するものを選択してダウンロードボタンを押す(デフォルトでOKだな)
サイトにはISOイメージの確認方法が書いてあるので、参考にして確認
(OSX版が無いが、ネットを探せばLinux版を流用して使う方法が見つかる・・ここでは説明はしないが)

さて、CDに焼き込む作業だが、WindowだとISO Recorder
(ここに説明がある)とかを使用すると比較的簡単に作成できる
当方はOSXなので、もっと簡単(筆者はOSX10.5.2)
ハードディスクの中の「アプリケーション」->「ユーティリティ」->「ディスクユーティリティ」を起動
ディスクユーティリティの画面で、「ディスクを作成」をクリックし、ダウンロードした「Vine42-i386.iso」を選択
これでCDの作成が完了する

尚、CDを挿入した際に、FinderでISOをファイルを焼こうとしても、それはファイルとして焼いてしまうので、ISOイメージのCD作成では無いので注意
author:ino, category:Linux全般, 10:48
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://linux.d-tecs.com/trackback/926775